ゼロエンジェル 第7話 感想,あらすじ(ネタバレ注意)

ゼロエンジェルの第7話(2016年8月30日発売 10月号掲載)は、サービスショットがきましたー!

愛華に彼氏が!?、彼女が!?、できるのか!?!?

それでは、あらすじ(ネタバレ注意)、感想をお楽しみください。

第6話では、自動車部の部長で友人の彩子に振り回された愛華でした。

エンジンかけっぱなしのキー挿しっぱなしの次元のおっちゃんが悪いという声もありますが、まぁどっちもどっちでしょう。

第6話の詳細はこちらをご覧ください。

ゼロエンジェル 第6話 感想,あらすじ(ネタバレ注意)

それでは、ゼロエンジェル 第7話 Ignition #007 愛華強襲 あらすじと感想をお伝えしていきます。

感想,あらすじ(ネタバレ注意)、と文字通りネタバレあるので取り扱い注意ということでご覧ください♪

スポンサーリンク

ゼロエンジェル 第7話 感想,あらすじ(ネタバレ注意)

DARK PHOENIX

R35GTRに乗る男が、愛華のことを思い浮かべながらつぶやきます。

「このR35GTRのエピローグとしては十二分なお客さん(ゲスト)だ だろ? GTR!!」

そして、このGTRの横には・・・第5話のラストにチラリと見えた文字、「DARK PHOENIX」がハッキリと見て取れます。

ついに謎の黒幕?が登場です!!

この男、ダーク・フェニックスというよりも自分のGTRへの手向けに、JKプロレーサーでWRX STIを駆る相手にしようと企んでいる様子。

天使(エンジェル)対不死鳥(フェニックス)、なかなかオモシロそうなバトルになりそうじゃないですか!

そしてこの男、最後にポツリとこぼすのが、「あとはミル次第か」という一言。

ん!? ミル!? 聞き覚えがあるような無いような・・・。

高柳美留

すると・・・

愛華、彩子、萌の3人がいるところに一人の女の子が走り寄ってきます。

「私 美留(みる)! 高柳美留! 同じクラスよ!」

おっと、前回の第6話で愛華をこっそりスマホで撮っていたショートカットの女の子・高柳美留の登場です!

「ゲスな兄貴を持ったのが運のツキってね」なんて言っていましたが、ということはダーク・フェニックスのGTRの男は美留の兄貴!?

ってことでしょうね、きっと。

モータースポーツをやってるって聞いてお友達になりたい!と一気に距離を詰めてきた美留ちゃん。

愛華の手を握って「私 絶対岬さんとお友達になるの!」と、ちょっとそっち系?と思わせるような猛チャージ!!

まぁカワイイ子同士なら、そういうのもありですよ、あり(笑)

そんな美留の言動に違和感を感じたのか、彩子が鋭い意見を述べます。

モータースポーツが好きって言っている割には岬さんのことを知らないなんて、と。

兄貴の命令?で愛華に接近しようとしているのでしょうか。

美留ちゃんの今後の動向が気になります!

チーム

どこぞのPA(パーキングエリア)で話し込んでいた愛華と次元の前を、「DARK PHOENIX」のステッカーをつけた車が通り過ぎていきます。

例のGTRではない車・・・。

次元は名前くらいは知っているようですが、仲良しツーリンググループなのか、走り屋チームなのか、走ることを突き詰めているストイックな集団なのかまでは知らない様子でした。

そのダーク・フェニックスのGTRを駆る男が、GTRとの別れを惜しんでいると「なんか女々しいな 兄貴は」なんて言わちゃってます。

「うるせー」と返し、そっちはどうなんだ?と尋ねると・・・

第一種接近ははたしたよ、と美留ちゃんが応え、続けます。

「次のフェイズはもっと楽しくなるかなぁ」

やはり、ダーク・フェニックスのGTR男と美留ちゃんは兄妹!

ゲスな兄貴と言っていた美留ちゃんですが、自分自身も何か企んでいる様子。

と思ったら、兄貴に発した次のセリフがコレですよ。

「でさ 最後は私がもらってもいいんでしょ? 彼女・・・岬愛華」

おーっと!

これは本当にそっち系女子の可能性が高まってきました!!

美留ちゃんはまたもや学校で愛華を見つけ、一緒にお昼を食べようとアタックします!

一緒にいたはずの彩子と萌はいつの間にやら消えてしまい・・・。

美留ちゃんは愛華のお手製弁当に驚き、愛華が車のためにできることはすべてやっている、というストイックさに驚きます。

他の子のように遊んで彼氏つくってゲームしてバカ話して・・・という楽しさを語る美留ちゃんに対して、自分がやっている事が好きだと堂々と話す愛華。

逆に「美留ちゃんはどうなの? 今の自分を信じてる? 楽しい?」と愛華が尋ねます。

言葉に詰まる美留ちゃん。

考えたコトもない、とふと自分を見つめさせられたのでした。

そして、また次元と車を走らせる愛華ですが、次元から「チームを作んねえか? 岬愛華を中心としたさ」とチーム結成の提案をされます。

いらないよ、と即答する愛華ですが、サーキットではメカニックや色々な仲間がいてサポートをしているように、公道でも愛華を信じて協力してくれる奴らが集まる、それをまとめるためのチーム愛華だ、と次元に言われ、「・・・ちょっと考えさせてくれるかな・・・」とちょっと前向きになった様子。

チームの方向性に納得できるのであれば良いと思いますけどね。

美留、急接近!

学校では、愛華の前で溜息をつく美留ちゃん。

女の子の日、と言って、さり気なく?、いつくらいが愛華の周期かどうかを聞く美留ちゃん。

ゲスな兄貴に探りを入れてくるように言われたんでしょうね、きっと。

特に兄貴はS660と愛華がバトルした時の苦戦した原因が、女の子の日だったから、というのを知っていますからね。

そして、美留ちゃんは今度、愛華の家に泊まりに行っていい?と遊びに行く約束を取り付けます。

おっと、愛華、色々な意味で大丈夫かぁ~???

美留ちゃんと変なコトになったりしたら・・・読者は大喜びですけどね(笑)

いよいよ美留ちゃんが愛華の家に泊まりにきました。

色々な話をして、両親や今はドイツに行っているお姉さんに感謝していることなどを語る愛華。

車を走らせる意味と責任・・・そんな言葉が美留の心に何かを感じさせた様子。

この辺りはきっと、『彼女のカレラRS』とか読むと分かるんでしょうね。

そろそろ読みたいのですけど、さらに前編にあたる『彼女のカレラ』がなかなか見つからなくて・・・。

そして美留ちゃんがついに行動?を起こします。

美留「愛華ちゃん 一緒にお風呂入ろうよー」

狭いよ!?と言う愛華に対して、「シャワーだけでもいいしさー」と二人はシャワーを浴び始めます。

美留「愛華ちゃん やっぱり いい体してる!」

「え?」と驚く愛華。

美留「この筋肉のつき方もステキ」と言いながら、愛華の体をさわる美留ちゃん。

愛華も「ちょ・・・」と動揺したところに、「このまま ぎゅっとしていいかなあ フフフ」と美留ちゃんが愛華の身体に手を伸ばし・・・

ひゃあああああ、と叫ぶ愛華でした。

このシーン、是非、漫画で見てください。

美留ちゃんの手、◯◯と◯◯◯に伸びていて、ちょっとエロいです。

やっぱり美留ちゃんはそっち系女子なのかも!?

チーム愛華

日付も場面も変わって、愛華はまたもや次元と車の中。

今のブルーコメットでやれることはやった、という感じのようですが、次元からするともう少し改善の余地があるようです。

さすが伝説のチューナー・六月次元!

さらにブルーコメットの能力を引き出してくれることでしょう。

そしてそして、「チーム愛華のロゴ作ったけどどうよ!」と以前のロゴと似たようなロゴを見せてくる次元ですが、愛華も根負けしたのか「もう・・・好きにしていいよ おっちゃん」とチーム愛華にゴーサインが出ました!

次元のおっちゃん、楽しそー!!

いや、絶対に楽しいでしょうね、こういうのって。

で、車を出そうとしたその瞬間、目の前にDARK PHOENIXのステッカーを貼ったGTRが現れます!!

そして、助手席から出てきたのは・・・高柳美留!!

めっちゃ驚く愛華!!

果たして、お風呂の続きはどうなったのか!?(笑)

読者が気になるのは、この後の展開じゃなくて、この前の展開っすよ!!(笑)

ということで、シャワーシーンの続きが気になる人のほうが圧倒的に多いと思いますが、いかがでしょうか?

兄貴じゃなくて車から出てきたのは美留ちゃん。

果たして、何を告げるのでしょうか!?

さぁ、さすがに次回はこのGTRとのバトルでしょうね。

もしかしたら、2話くらいにまたがってのバトルになるかもしれませんね!

次の連載を楽しみに待っていましょう!!

コミックス第1巻、絶賛発売中!!

次の第8話は、2016年9月30日発売のヤングキングアワーズ11月号に掲載予定です!

シャワーシーンの続きが描かれることを激しく(笑)期待して待ちましょう♪

~ ゼロエンジェル 第7話 感想,あらすじ(ネタバレ注意) ここまで ~

●ゼロエンジェル 第8話 感想,あらすじ(ネタバレ注意)

◆ゼロエンジェル 第6話 感想,あらすじ(ネタバレ注意)
◆ゼロエンジェル 第5話 感想,あらすじ(ネタバレ注意)