ゼロエンジェル号外:麻宮騎亜インタビュー&質問

「ゼロエンジェル 爽碧の堕天使」も連載が始まって既に半年。

作者の麻宮騎亜さんへのインタビュー記事や質問&回答記事がチラホラと見られるようになったので、その内容をお送りします。

スポンサーリンク

愛車に名前はつけますか?

「WRX STI」に「ブルーコメット」と名前をつけた愛華。

麻宮騎亜さん自身は、愛車に名前をつけたりするのでしょうか?

もちろん愛車に名前をつけたりしますよ。
でも愛華みたいに「ブルーコメット」とかカッコイイものではなくて、純粋に車の名前やタイプを略称したものが多い感じですね。

おぉ~、王道ですね。

やっぱり男性はそういう名前の付け方をしますよね。

カラー作品に関して 制作裏話

第3話は巻中カラー作品だったゼロエンジェル。

カラーについて伺ったという話、気になりますよね。

003-cover_n

今回のカラーを描くうえで、こだわった部分、大変だったこと、など制作裏話を尋ねると・・・。

毎回、タイトルページは見開きにして、舞台の横浜と愛華とWRXのセットで描いています。
今回は朝焼けをバックに、色味にこだわりました。
ブルーをベースに朝焼けのピンクを差し色に使ってます。
キレイに印刷されると嬉しいです。

あー、めっちゃ分かります!

最後の一言。

自分が描いたものや撮ったものを印刷物にすると、なかなかオリジナルと同じ色って出ないんですよね。

紙質の違いやインクの微妙な濃淡(印刷し始めと終わりで異なったりとか)などで、ホント、色って変化しますからね。

カラー作品に関して ポイントにしていること

機械である車と、人間であるキャラクター、それぞれカラーで描くときに、ポイントにしていること、について尋ねると・・・。

キャラクターにはパーソナルカラーが決まっていて、それに準ずる形で描いてますが、じつはクルマのカラーが初めということが多いですね。
なので、クルマはあくまでもリアルで硬質感を出す。
キャラはその色を引っ張り、柔らかさの中にまとめるといった感じです。

たしかにクルマのカラーとキャラのイメージカラー、同じほうがしっくりきますもんね。

燃える闘魂が赤じゃなくて黄色のタオルだったら・・・違和感ありますもん(笑)

ゼロエンジェル 今後の見どころ

「ゼロエンジェル 爽碧の堕天使」の今後の見どころについて、アピールをしてもらうと・・・。

まだまだ始まったばかりなので、いまはキャラクターの定着を丁寧に描いてます。
この作品前の話を読みたい場合は、ぜひ「彼女のカレラ」、「彼女のカレラRS」を読んでいただけると、さらに世界観は膨らみます。
もちろん愛華も大活躍!よろしくお願いします。(^^)

おぉ、麻宮騎亜さんって顔文字、使うんですね。

ちょっと意外な感じがしました。

そして、この話の通り、次元は常に出番あり。

友人の彩子も第6話で大活躍?をします。

ゼロエンジェル 第6話 感想,あらすじ(ネタバレ注意)

まとめ

インタビュー記事って読んでいると楽しいですね!

コミック1巻発売記念のインタビューもあるので、そちらも楽しみにしていてください!