ゼロエンジェル 第9話 感想,あらすじ(ネタバレ注意)

ゼロエンジェルの第9話(2016年10月29日発売 12月号掲載)は、この扉絵の愛華に注目!!

下からのアングル故に・・・見えてます(笑)

白ですね、白。

モノクロですけど白です、ブルーコメットですが白です、エンジェルなので白です。

白、白しつこい言われそうですが、白です(笑)

では、いつもの前回のおさらいから。

第8話で、クラスメイトの美留ちゃんの兄貴=ダークフェニックスのリーダーに直線一気の勝負を挑まれ、滑らかな走りで快勝した愛華。

その愛華をとことん調べたいという欲望?が暴走し、愛華を拉致してしまう美留ちゃんの兄貴・高柳一心。

ってことで、拉致られた愛華を目にした美留ちゃん、果たしてどうする!?

第8話の詳細はこちらをご覧ください。

ゼロエンジェル 第8話 感想,あらすじ(ネタバレ注意)

それでは、ゼロエンジェル 第9話 Ignition #009 愛華調査 あらすじと感想をお伝えしていきます。

感想,あらすじ(ネタバレ注意)、と文字通りネタバレあるので取り扱い注意ということでご覧ください♪

スポンサーリンク

ゼロエンジェル 第9話 感想,あらすじ(ネタバレ注意)

拉致の様子

拉致られた愛華を見て、驚きと戸惑いの表情を見せる美留ちゃん。

兄貴にどういうことか説明してと迫ります。

そりゃあ興奮して、兄貴であっても迫りますよね。

純粋な探究心で愛華を調べてみたいという兄の一心ですが、さらってきたことに怒りを見せる美留ちゃん。

うんうん、正常な反応ですよ~。

そんな妹・美留の心の同様など露知らず、一心は自分の病院に運ぶのを手伝えと美留ちゃんに迫りますが「いやよ!!」と躊躇なく断られます。

これはれっきとした犯罪で共犯者にしないで!!と涙ながらに訴える美留ちゃんですが、一心はそれでも手伝うことを強要します。

うわっ、ひでー兄貴w

走りもそうですが、強引なんですね~。

女性にはモテ無さそうですが、病院持ちの先生のようなので、性格ではない部分ではモテそうですが(笑)

愛華をさらおうとした実行犯は、一心ではなくあのドローンを飛ばしたりしていた男。

すんなりとさらってこれたわけでも無さそうで、蹴りを何発か入れられたりとコテンパンにやられたようですが、最後は催涙スプレーか何かで愛華を倒して拉致ってきたようです。

愛華、身体能力たかいっす!

そんなこんなで拉致られた愛華。

一心は、早く病院に運ばないと、このままここに置いてたら愛華が風邪をひくかも、と愛華の心配を口にします。

拉致っといて心配って、なんなんすかね、一心は(笑)

病院

一心の病院に運ばれた愛華。

どうやら一心は本当に純粋な好奇心というか興味で愛華を調べたいみたいです。

「この華奢な身体のどこにあんなすごい運動能力とパワーがあるのか くまなく調べる・・・」

ということのようです。

へぇ、本当に純粋な気持ちで調べたいだけのようですね。

で、調べるから服を脱がせてくれ、と妹の美留に命じる一心。

自分で脱がせるんじゃなくて、女性である妹に委ねるところは人としてちゃんとしているんですね。

この時、一心が面白いことを呟いていますよ。

「やらなきゃオレがやるぞ お前 同性の服脱がすの得意だろ」

はは~ん、やっぱり美留ちゃんはそっち系なんですね。

愛華&美留のそういうカラミも、見たいと言えば見たいですね~。

美留ちゃん、「私の場合はいつもお互いが求めてする こんな一方的にやるなんて初めてだし・・・」と気を失っている愛華を脱がすのに、かなりの抵抗を感じている様子です。

そこに一心の携帯に急患の報せが来て、出ている間に脱がして部屋を暖かくしておくようにと告げ、一心は部屋を出ていくのでした。

愛華、危機一髪!?

さて、美留ちゃん、このあとどうするのかと思ったら・・・。

逃げるには今しか・・・と愛華を起こして病院から脱出します!

なんとか意識を取り戻した愛華は、自分があられもない姿になっていることに驚きますが、「ごめん!!後で話す!!早く服を着てここから逃げよう!!」と愛華を逃がそうとしたその時、愛華のスマホが鳴ります。

電話の主は・・・次元のおっちゃん!

美留ちゃんが次元のおっちゃんにすぐに助けに来て!、場所は・・・とおっちゃんに大事なことだけを簡潔に伝え、来てもらう作戦にでます。

一心が部屋に戻るともぬけの殻。

美留が愛華を逃したことがバレてしまいました。

いやはや、美留ちゃん、なかなかやりますなぁ。

兄弟の絆より、愛華への愛情?を取ったって感じですね~。

まぁそれが普通の感性と言ってしまえばそれまでですが。

次元のおっちゃんが来るまで、病院のどこかに隠れていないと、と外で隠れていた愛華と美留ちゃん。

美留ちゃんは愛華に涙を流して謝罪をしています。

今日のことは犯罪以外の何物でもない、怖かったでしょ、痛かったでしょ、とぼろぼろと号泣する美留ちゃん。

登場間もないころは、悪い兄貴に加担する、ゲスな妹なイメージでしたが、すっかりいい子になっちゃいましたね。

っていうか、悪い兄貴に引きずられていたというのが正解なのでしょう。

美留ちゃん、かわいくなったねぇ(笑)

これが終わったら自首させる、と兄貴のことを話していると・・・ここで兄・一心に見つかってしまいます。

一心は、今後のレース活動の参考になるはずだから自分の身体を知りたくないか?と甘い言葉?で誘ってきますが、愛華も既にプロレーサー。

チームが用意してくれた専属のドクターもいる、と一心の調査は必要ないことを告げます。

そりゃあそうですよね、しっかりしたドクターがついていて、フィジカルもメンタルも管理してくれているでしょうから興味本位で調べたいという一心の申し出は不要。

美留ちゃんも、「わかった? 兄貴の出る幕じゃないの!!」とトドメをさしたところに、次元のおっちゃんが到着、愛華と美留ちゃんは次元の車で去っていきます。

ひとまず一心の魔の手?から逃れた愛華。

美留ちゃんが意外?と良い子でよかったね~。

これで終わりかと思いきや・・・

一心

走り去る次元の車S4を見逃す気のない一心は、「く・・・ 俺の実験体が逃げていく・・・?」と諦めきれない様子。

なんと、R35に乗り込み、次元を追いかけ始めました!

おっと!、ということはこの後の展開は・・・ふふっ、楽しくなってきましたね。

ここまでの展開に驚く次元。

車の中でも美留ちゃんは愛華に謝りまくりでしたが、助けてくれて嬉しいよ、と美留ちゃんには好印象。

ありがとう!!と、ほっと胸をなでおろす美留ちゃんですが、ルームミラーに映るのは・・・。

ダークフェニックス・一心の愛車、R35!

「おっちゃん R35相手で大丈夫?」と心配する愛華に反して、「は! 一回やってみたかったのよ 我がS4とR35のガチバトル!!」と次元は興奮気味に返事を返します!!

おっと、ゼロエンジェル史上、初の男性ドライバー同士のバトル勃発ですね!!

愛華vs一心は、柔よく剛を制す、な感じのバトルでしたが次元vs一心はどんなバトルになるでしょうか!?

そもそもS4vsR35というのもどちらに有利なのか、など見どころ満載!!

バトル予想

ってことで、漫画のほうは漢同士のバトル開始!って感じで次号へ続くのですが、せっかくなので、このバトルを予想したいと思います。

まず、今回はどこがゴールといった決めがないので、逃げる次元のほうが有利だと思います。

いっそのこと、警察署を目的地に走るという選択も可能ですしね。

車の性能は、愛華とのバトルに直線勝負を指定してきたように、直線ではR35が有利なのは愛華のときと同じでしょう。

さらにR35は一心一人しか乗っていないにも関わらず、次元のS4には愛華も美留ちゃんも乗っています。

重量的にS4が不利なのは明白です。

次元と一心だけで比較しても次元のほうが重そうですしね(笑)

ドライビングテクニックですが、走り屋のリーダーを張るだけあって、一心のほうが若干、上なのかな、という印象。

ですが、相手の走りの意味を即座に理解する冷静な分析力を持つ次元が、その差は詰めて五分にもっていくでしょう。

そこに、頼れるアドバイザー、というかプロレーサー愛華とR35の特徴、一心の特徴を知っているであろう美留ちゃんも乗っているわけですから、次元のおっちゃんの勝ちは揺るがないと思います。

決め手になるのが次元の実力なのか、愛華のアドバイスになるのか、はたまた美留ちゃんのアドバイスになるのかが見どころでしょうね。

次号も目が離せませんね!!

コミックス第1巻、絶賛発売中!!

次の第10話は、2016年11月30日発売のヤングキングアワーズ2017年1月号に掲載予定です!

次元vs一心の漢同士のバトルの行方は!?、次号を乞うご期待っ!!

~ ゼロエンジェル 第9話 感想,あらすじ(ネタバレ注意) ここまで ~

●ゼロエンジェル 第10話 感想,あらすじ(ネタバレ注意)

◆ゼロエンジェル 第8話 感想,あらすじ(ネタバレ注意)
◆ゼロエンジェル 第7話 感想,あらすじ(ネタバレ注意)